賀露神社

(かろじんじゃ)

〔エリア: 鳥取・岩美エリア > 鳥取市〕 〔カテゴリ: 体験する

賀露神社は歴史情緒あふれる港町と美しい日本海が一望できる丘陵上に鎮座する神社で、大山祗命(おおやまつみのみこと)、吉備真備命(きびのまきびのみこと)、猿田彦命(さるたひこのみこと)、木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)、武甕槌命(たけみかづちのみこと)の五柱の御祭神をお祀りしています。

2年に一度行われる春の大祭(ホーエンヤ祭)は県の無形民俗文化財に指定されており、西日本の神社では賀露神社のみに伝わるといわれる珍しい「もみ火の神事」、吉備真備公を助けたという伝説に由来する「みこし海上行列」、因幡地方の郷土芸能であり日本遺産にも認定された「麒麟獅子舞」や、子どもの健やかな成長を願って開催される「赤ちゃん泣き相撲」などの神事・催しが行われています。

江戸時代には藩主の信仰があつく、境内には藩主池田家や徳川将軍家の家紋が施された建造物をはじめ、鳥取藩から寄進された大太鼓があるほか、廻船商人や漁師たちが寄進した数多くの石造物が並んでいます。この中には全国的にも珍しい虎の狛犬もみられます。

神社の裏手からは賀露の町並みと日本海が一望できます。
中央右にみえる島が吉備真備公が唐からの帰国中に漂着されたと伝える鳥ヶ島です。
神社が丘の上にあるため、参道からは海が見え、日の出、日の入り、漁火などそれぞれの時間帯で異なった風景を見ることができます。
賀露の浜では毎年夏になると水平線に沈む美しい夕焼けを眺めることができる隠れた絶景スポットです。

賀露神社

住所
鳥取市賀露町北1-21-8
お問い合わせ
賀露神社
TEL 0857-28-6505
アクセス
路線バス/鳥取駅から賀露行き
「神社裏」バス停下車 徒歩10分
「賀露神社前」バス停下車 徒歩約5分
ホームページ
http://karojinjya.jp/index.php