交通ルール

pedal_bike
安全にサイクリングを楽しむために、交通ルールを守りましょう!

安全なサイクリングのための基本ルール

【自転車安全利用五則】※令和4年11月に改定

  • 1. 車道が原則、左側を通行 歩道は例外、歩行者を優先
    道路交通法上、自転車は「軽車両」であるため、自転車は車道が原則、歩道は例外です。
    自転車は、車道の中央から左側部分の左側端を通行します。
    道路標識や道路標示で指定された場合や、車道や交通の状況からみてもやむを得ない場合は、歩道を例外的に通行できますが、歩行者優先で車道寄りをすぐに止まれる速度で走行しなければなりません。
    右側通行は、左側通行をしている他の自転車やバイクと衝突するなどの危険性がありますので、絶対にやめましょう。
  • 2. 交差点では信号と一時停止を守って、安全確認
    信号機のある交差点では、自動車の信号に従わなければなりません。
    「歩行者・自転車専用」と表示されている信号機がある場合は、その信号機に従います。
    一時停止の標識等がある場合は一時停止を守り、狭い道から広い道に出るときや見通しの悪い交差点では安全確認をしましょう。
  • 3. 夜間はライトを点灯
    ライトをつけるのは、自分が進む道を照らすだけでなく、自分の存在を目立たせるためでもあります。
    ライトをつけないと相手方から発見でされにくく危険です。
  • 4. 飲酒運転は禁止
    飲酒運転は罰金・罰則の対象です。大きな事故につながる恐れもありますので、飲酒運転は絶対にやめてください。
  • 5. ヘルメットを着用
    自動車事故の致命傷で多い頭部損傷の軽減に有効なのは、自転車用ヘルメットの着用です。
    鳥取県では、自転車乗車時のヘルメットはの着用は「鳥取県支え愛交通安全条例」で努力義務とされています。
    (令和4年度から県内全県立高校の自転車通学者は、校則によりヘルメット着用が義務化。)
    万が一の事故に備えてヘルメットを着用しましょう。

【その他のルール】

  • check_circle 安全ルールを守りましょう。
    • スピードの出し過ぎに注意してください。
    • 二人乗りや、スマートフォンを使用しながらの運転はやめてください。
  • check_circle 並走はせず、一列で走行してください。
    道路を自転車が並んで走ると、どちらかの自転車が車道の中央寄りを走ることになり、危険なのでやめましょう。
  • check_circle 自転車損害賠償保険に加入しましょう。
    自転車による交通事故でも、自転車の運転者に多額の損害賠償責任が生じるケースがあります。
    鳥取県では、自転車損賠賠償保険等への加入は、「鳥取県支え愛交通安全条例 」で努力義務とされています。
    万が一の事故に備え、自転車損害賠償保険に加入しましょう。
  • check_circle 歩行者や車への配慮も忘れずに。
    道路はみんなのものです。
    周りの人に配慮しながら、思いやりをもって走りましょう。

標識の基礎知識

自転車及び歩行者専用
自転車と歩行者が通行できる道路です。
歩行者も通行しますので、スピードの出しすぎには注意しましょう。
一時停止
停止線の直前で一旦停止してください。
この標識が掲げられている交差点では、停止線の直前で一旦停止し、左右の安全を確認した後発進しなければなりません。
徐行
すぐに停止できる速さに速度を落としてください。
この標識が掲げられている道路では、すぐに停止できる速さに速度を落とさなければいけません。
車両進入禁止
車両の進入はできません。
この標識が掲げられている箇所からは、車両の進入はできません。

参考

pedal_bike
安全にサイクリングを楽しむために、交通ルールを守りましょう!