砂丘で鑑賞!

山陰海岸国立公園鳥取砂丘ビジターセンター

山陰海岸国立公園鳥取砂丘ビジターセンターは、平成30年10月26日にオープン。砂丘の自然や歴史などの展示やガイドによる案内、風が作る砂の模様「風紋」ができる仕組みをご紹介。また、ドローンなどで撮影された迫力ある砂丘の姿を体験できるミニシアター「すならく」も常時上映。

所在地 鳥取市福部町湯山2164-971
電話 0857-22-0021
ウェブサイト 山陰海岸国立公園鳥取砂丘ビジターセンター
周辺マップ マップ12
漁火

日本海の水平線に漁火が美しく広がります。白イカ漁が盛んな鳥取ならではの景色で、砂丘のなだらなかシルエットと一体となった幻想的な風景が楽しめます。

らっきょうの花

日本有数のらっきょうの産地・鳥取砂丘では10 月下旬から11 月上旬に一面に咲くらっきょうの花が鑑賞できます。

地質

数万年前に大噴火した大山火山の火山灰や、阿蘇山や三瓶山などの火山灰が堆積しており、様々な地質を観察できる場所があります。

動植物

砂丘に適応した形態や特性をもった植物や、砂丘で生活するのに適した工夫をして生育している昆虫が見られます。

歌碑

自然が造りだした広大な砂の芸術・鳥取砂丘を多くの文学者が訪れ、有島武郎や与謝野晶子など、いくつかの碑が点在しています。

鳥取大学乾燥地研究センター

乾燥地研究に取り組む日本唯一の研究機関で、アリドドーム・乾燥地植物資源展示温室(見学は外部からのみ)、ミニ砂漠博物館などを御覧いただけます。

問合せ 鳥取大学乾燥地研究センター
電話 0857-23-3411
ウェブサイト 鳥取大学乾燥地研究センター(共同利用・共同研究拠点)
周辺マップ マップ14
多鯰ヶ池

鳥取砂丘によってせき止められた堰止池で、平均水深は約7m。日本海形成に関わる貴重な地質などを観察できます。
多鯰ヶ池には、蛇の伝説が伝承され、蛇を祭神とする弁天さまが設けられています。