門脇家住宅

(かどわきけじゅうたく)

〔エリア: 大山周辺エリア > 大山町〕 〔カテゴリ: 見る > 歴史的建造物, 見る > 国宝・重要文化財

門脇家は、代々庄屋を勤めた家柄で、昭和6年に建てられた住宅は国重要文化財に指定されています。

外観は、江戸末期の構造形式と似ているが、主屋の間取りは伯耆地方独特のもので、「整列九間取」と称され、その基本形式を今に伝える遺構です。奥の客座敷は鍵型に配置され、呼び名はそのまま「カギノマ」と呼ばれ、表側の次の間を「オクノマ」と呼んでいます。

主屋のほかに、木小屋・水車小屋・大工小屋・供部屋を備えた長屋や、検査場、主屋の奥には米蔵・新蔵などの土蔵が立ち並びます。

門脇家住宅

住所
鳥取県西伯郡大山町所子360
お問い合わせ
大山町教育委員会
TEL 0859-54-5212
公開
春と秋の2回
アクセス
JR大山口駅から徒歩約10分
山陰自動車道「大山IC」から約5分