和傘伝承館

(わがさでんしょうかん)

〔エリア: 米子・境港エリア > 米子市〕 〔カテゴリ: 見る > 博物館・美術館等, 買う > 工芸・民芸

和傘伝承館和傘伝承館は淀江傘製造技術を伝承する拠点として平成2年に開館しました。江戸時代中期に始まったと伝えられる淀江傘の製造工程を実演し、販売を行っています。淀江傘製造は大正時代年間17万本も生産されるまでにいたった産業でしたが、洋傘の普及により廃業者が増え昭和59年に最後の製造業者田中軍治さん(町指定無形文化財)も高齢のため廃業されました。現在は「淀江傘伝承者の会」のみなさんによって作られています。

そして、鳥取県鳥取市で行われる恒例の祭「鳥取しゃんしゃん祭」の「傘踊り」に使われる傘はこちらで作られています。
山陰の伝統行事を守る、職人の技。守らなくてはいけない日本の財産です。

和傘は、日傘・番傘・舞踊傘・蛇の目傘など種類も豊富で、ギフト用としても販売しています。ぜひお気に入りの1本としてわが家に飾ってみてはいかがでしょう?

施設内では、製造工程の見学や、紙はり体験(事前予約)も実施しています。

和傘伝承館

住所
鳥取県米子市淀江町淀江796
お問い合わせ
TEL 0859-56-6176
営業時間
8:30~17:00(連絡要)
休館日
土日祝、年末年始
アクセス
JR米子駅から車で約15分