不動院岩屋堂

(ふどういんいわやどう)

〔エリア: 八頭エリア > 若桜町〕 〔カテゴリ: 見る > 歴史的建造物, 見る > 神社・仏閣・仏像, 見る > 国宝・重要文化財
不動院岩屋堂

天然の岩洞に設けられたこの堂は「窟堂」ともいわれ、大同年間(806~810年)の創建と伝えられています。本寺は妙見山神光寺の一部であったといい、百五十石の寺領を有する大伽藍でしたが、豊臣秀吉来攻の時兵火に罹り消失し、この堂だけが焼け残ったものといわれています。
また本尊は因幡の「黒皮不動」として信仰を集めた不動明王で、弘法大師が33才の時に彫刻されたものと伝えられ、日本三大不動明王として名高いです。

東伯郡三朝町にある「三徳山三佛寺投入堂」などとともに、岩窟利用の舞台作りで、密教系であるという点ではほぼ同じ系列にあるものです。

不動院岩屋堂

住所
鳥取県八頭郡若桜町岩屋堂
お問い合わせ
若桜町教育委員会事務局
TEL 0858-82-2213
アクセス
若桜鉄道若桜駅から バス15分
中国自動車道「山崎IC」から車で約1時間30分