鳥取県独自の新型コロナウイルス感染拡大防止対策について

鳥取県では、お越しいただいた皆さまに新型コロナ禍の中でも安心して観光を楽しんでいただくために、新型コロナウイルス感染予防対策協賛店制度などにより、独自の感染拡大防止対策を行っています。主な取組みは以下のとおりです。

安心観光・飲食エリア

「安心観光・飲食エリア」とは、新型コロナウイルス感染症の予防対策を徹底する観光地や飲食店街の団体と県・市町村が連携し、安心して観光や飲食を満喫していただけるエリアを創出しようとする取組です。

現在、鳥取砂丘エリアと大山寺エリアで協定が締結され、大山寺エリアにおいては令和2年9月28日、鳥取砂丘エリアにおいては令和2年10月3日、「安心観光・飲食エリア」として宣言が行われました。

大山寺エリアでは、大山寺の安心観光・飲食エリア対象店舗の利用で、抽選で大山町特産品が当たる「大山寺安心観光キャンペーン」を令和2年10月10日(土)から実施します。詳細はリンクをご確認ください。

コロナ対策施設一覧

新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止を図るため、県内観光施設のコロナ対策の一覧を作成しています。対策の詳細については各施設へ直接お問い合わせください。今後、変更があれば更新します。

新型コロナウイルス感染予防対策協賛店

協賛店新型コロナウイルス感染予防対策協賛店とは、「事業継続のための鳥取県版新型コロナウイルス感染拡大予防対策例や業界作成のガイドラインを基に、感染予防対策に自ら取り組むお店」のことです。協賛店では、(1)ステッカー及び(2)感染予防対策の実施内容のチェックリストが掲示されており、安全安心なお店選びの目安となります。

新型コロナ対策認証事業所

以下のことを目的に、「新型コロナ対策認証事業所」認証制度を設けています。
・新型コロナウイルス感染症に対して安心して利用できる事業所を認証し公表することで、感染に対する不安感を解消すること
・認証した施設の利用促進を図ることで、経済活動の回復に繋げること
・新型コロナウイルス感染予防対策協賛店の模範的施設として、他の店舗の参考となることで、県内の感染拡大予防対策の向上を図ること

とっとり新型コロナ対策安心登録システム

施設やイベント主催者の申請によりQRコードが発行されるもので、利用者はそのQRコードを読み込みLINEアカウントや利用時間を登録し、万が一、保健所の調査で感染者がその施設等を利用していて感染拡大の可能性があると判断した場合に、登録された利用者に県からLINEメッセージを送る仕組みです。

感染症対策のピクトグラム

ピクト一例安心して観光客の皆さまにご来県いただくための取組の一つとして、旅館・ホテルをはじめ各観光施設の感染予防対策の状況や、おいでいただいた観光客の皆さまに対する注意喚起を目的としたピクトグラム(※)を製作しました。
※ピクトグラムとは、「絵文字」「絵単語」などと呼ばれ、何らかの情報や注意を示すために表示される視覚記号(サイン)です。

交通機関の新型コロナ対策について(車両内の空気の換気性能実証動画)

鳥取県内の交通事業者は、外気導入しながら常時換気することにより、車両内の空気を外気と常時入れ替えて運行しています。 このたび、全ての種類の車両においてスモークを充満させて、換気性能を実証しました。 また、車内清掃・アルコール等消毒を定期的に実施するなど新型コロナウイルスの感染症対策を実施しています。 安心して鳥取県内の交通機関をご利用ください。

感染拡大防止クラスター対策等条例

鳥取県で、新型コロナウイルス感染拡大対策のためのクラスター対策等に関する条例が全国で初めて成立し9月1日に施行されました。