砂の美術館

(すなのびじゅつかん)

〔エリア: 鳥取・岩美エリア > 鳥取市〕 〔カテゴリ: 見る > 博物館・美術館等, 見る > 観光施設, 祭・イベント・行事 > 祭・イベント

鳥取砂丘にある世界で唯一「砂」を素材にした彫刻作品を展示した屋内施設の美術館で、2012年4月にグランドオープンしました。その年ごとでテーマが変わり、例年、展示期間は4月~翌年1月です。

砂像彫刻家兼プロデューサーとして国内外で活躍し「世界が尊敬する100人の日本人」に選ばれるなど、現在注目を集める茶圓勝彦氏が総合プロデュースを務め、毎年海外各国から砂像彫刻家を招いて世界最高レベルの砂像を展示しています。

彫刻作品は「砂像」と呼ばれますが、素材が砂であるため時間とともに崩れがちで、その時その場所でしか観ることができません。その儚さが、砂像の美しさでもあり魅力です。細部まで丁寧に彫刻された砂像の芸術の高さに圧巻です。

館内にあるガラス張り場所や屋外広場から鳥取砂丘を眺望できます。また、日没後にはライトアップされた砂像を見ることができ、昼間とは違った空間を楽しむことができます。

第8期展示「砂で世界旅行・ドイツ編」(2015.4.18~2016.1.3)

砂の美術館第8期

8回目を迎える第8期展示のテーマは「砂で世界旅行・ドイツ編」。~中世の面影とおとぎの国を訪ねて~をテーマに、世界の名城25選第1位に選ばれたノイシュバンシュタイン城をはじめ、中世の面影が色濃く残る街並みや白雪姫などで有名なグリム童話の誕生した国ドイツを幻想的かつ繊細に砂で表現します。

砂の美術館 過去の展示の様子
第7期展示「砂で世界旅行・ロシア編」(2014.4.19〜2015.1.4)

砂の美術館第7期

6回目を迎える第6期展示のテーマは「砂で世界旅行・東南アジア編」。東南アジアに代表される王朝の栄華とよみがえる神秘の国々を砂像で表現します。

第6期展示「砂で世界旅行・東南アジア編」(2013.4.20〜2014.1.5)

砂の美術館第6期

6回目を迎える第6期展示のテーマは「砂で世界旅行・東南アジア編」。東南アジアに代表される王朝の栄華とよみがえる神秘の国々を砂像で表現します。

第5期展示「砂で世界旅行・イギリス編」

砂の美術館砂の美術館砂の美術館2011年はロンドンオリンピックにちなみ、イギリスをテーマに、イギリスを代表する人物や建物、風景を砂像で再現しました。

その他の会期展示
砂の美術館砂の美術館砂の美術館砂の美術館

砂の美術館

住所
鳥取県鳥取市福部町湯山2083-17
お問い合わせ
鳥取砂丘 砂の美術館
TEL 0857-20-2231
アクセス
(路線バス)
JR鳥取駅より日交・日ノ丸バス鳥取砂丘行き乗車、砂の美術館前停留所下車すぐ。
JR鳥取駅よりループ麒麟バスで約26分、砂の美術館停留所下車すぐ ※土・日・祝日のみ。
(車)
中国自動車道「佐用JCT」―鳥取自動車道「鳥取IC」より車で約20分。佐用JCTから車で約1時間20分
ホームページ
砂の美術館
http://www.sand-museum.jp/