河本家住宅

(かわもとけじゅうたく)

〔エリア: 中部エリア > 琴浦町〕 〔カテゴリ: 見る > 歴史的建造物, 見る > 国宝・重要文化財

河本家住宅

河本家は、古くから庄屋を務めた家柄で、表門を入ると広い前庭があり、主屋は役所も兼ねて土間も広いです。

河本家住宅主屋は四代目によって建築されたものと伝えられ、十八世紀中頃の建築と思われます。現在の建物は、裏側に二間半ほど庇を付けて拡張したり、角屋を延ばして客間を増設したりするなど改造は著しいですが、もとは広間型五間取りの建物と考えらます。

屋根は茅葺きで箱棟が乗っており、小屋組みは合掌作り。炊事場のかまどの上を壁土で覆った煙返しは防火施設として大変珍しいものです。部屋の建具等も、大変精巧なつくりとなっています。

公開は、春と秋の2回です。

河本家住宅

住所
鳥取県東伯郡琴浦町篦津(のつ)393
お問い合わせ
琴浦町教育委員会社会教育課
TEL 0858-52-1161
開館
春・秋の2回、その他の時はお問い合わせください。
アクセス
JR赤碕駅から車で約5分
ホームページ
河本家住宅
http://www.tcbnet.ne.jp/~kawa-393/