観音院庭園

(かんのんいんていえん)

〔エリア: 鳥取・岩美エリア > 鳥取市〕 〔カテゴリ: 見る > 史跡・名勝・記念物, 見る > 歴史的建造物, 見る > 季節の花 > 春の花, 見る > 季節の花 > 夏の花, 見る > 庭園

観音院庭園

観音院

観音院の境内にある国指定名勝の観音院庭園。
自然の傾斜に石組みや植木を配置し、庭の約半分を占める雄大な池を中心とした池泉観賞式庭園です。
藩主の池田光仲が十年をかけて築造させたといわれており、亀島、鶴島、滝の石組みなどが元禄時代のままに配置されています。抹茶のサービスもあり、座ってゆっくりと鑑賞もでき、和むのには最適な場所です。
また、観音院は鳥取藩池田家の祈願所8ヶ寺の1つとなっています。御本尊の聖観世音菩薩が、安置される壇が移るたびに大きな寺の御本尊となられたことから、別名「出世観音」として崇められています。

春には桜が咲き、穴場の観光スポットです。

観音院

住所
鳥取県鳥取市上町162
お問い合わせ
TEL 0857-24-5641
営業時間
(庭園) 9:00〜17:00
料金
観音院庭園(抹茶代含む) 一般550円、高校生以下350円
アクセス
JR鳥取駅から車で約10分
中国自動車道 「佐用JCT」ー鳥取自動車道「鳥取IC」から車で約20分・佐用から車で約1時間半