若桜鉄道若桜駅

(わかさてつどうわかさえき)

〔エリア: 八頭エリア > 若桜町〕 〔カテゴリ: 見る > 歴史的建造物, 見る > 国登録文化財, 見る > 季節の花 > 春の花
若桜鉄道
若桜鉄道若桜駅(手動式転車台)

若桜鉄道若桜線の終着駅で、若桜鉄道の本社と車両基地があります。

駅には蒸気機関車(SL)を運転するための設備がいくつか残っており、転車台の修復をきっかけに、かつて若桜線を走っていた蒸気機関車C12 167を兵庫県多可町より譲り受けて保存活動を行っています。

構内の機関車の見学は、入構券を買って入ることが出来ます。運転台内部も見ることが出来るので鉄道ファンにはたまらない観光スポットです。夏休みなどには時々SLの復活運転が行われることがありそのときには全国の大人から子供まで多くの人が訪れます。

2008年には若桜鉄道若桜線の古い施設が一括して国の登録有形文化財に登録されました。これは日本全国ではじめての例で、話題のスポットになっています。

 

若桜鉄道若桜駅(手動式転車台)

住所
鳥取県八頭郡若桜町若桜
お問い合わせ
TEL 0858-82-0919
ホームページ
若桜鉄道株式会社
http://www.infosakyu.ne.jp/~wakatetu/