とうふちくわ

とうふちくわ「とうふちくわ」は江戸時代から鳥取県東部に伝わる特産品です。質素倹約から、魚だけのちくわでなく、比較的安易に手に入った豆腐をまぜたとの話もあります。とうふと魚のすり身を原材料に、蒸したものや焼いたちくわが作られていますが、一般的にとうふちくわというと、蒸したものを指すようです。一般的なちくわより柔らかく、ふわふわした食感です。

鳥取県東部では、冠婚葬祭時に食べる習慣があり、とうふちくわは伝統的な食べ物です。

関連リンク