岩ガキ

岩ガキ初夏から8月にかけて、鳥取県内の磯では潜水による岩ガキ漁が行われます。一般的に「カキは冬のもの」と思われがちですが、日本海の岩ガキは夏に旬をむかえます。岩ガキはカキの中では大型種で、大きいものだと長さが20cmにも達します。

殻付きのまま、レモン汁をたらして食べると「海のミルク」といわれるにふさわしい濃厚な味が広がります。

県内で採取された殻長が13cm以上の高品質な岩ガキには「夏輝(なつき)」というブランドラベルがつけられます。

関連リンク