生姜せんべい

生姜せんべい江戸時代後期から、鳥取県東部(因幡地方)で食べられている駄菓子。近年では少なくなりましたが、冠婚葬祭時に配ったり、贈答用として渡す習慣がありました。また、店舗ではもちろん、スーパー等でも販売されており、昔から地元で愛される味です。

しょうがせんべいせんべいというと草加せんべいのように堅いイメージがありますが、パリッとした歯ごたえの割りにさくさくした食感を楽しむことができます。せんべいの表面には、生姜汁が入った砂糖の蜜が塗られており、ほんのり甘味があります。

生姜は、主に鳥取県鳥取市気高町の日光と瑞穂産。生姜の風味はせんべい屋でそれぞれ、焼き方や素材にもせんべい屋でこだわりがあるので、それぞれの生姜せんべいを食べ比べてみるのも楽しみの一つです。

パッケージもどこかレトロで、昔ながらの素材をいかした味を楽しめるでしょう。

関連リンク