四季の海力めし

鳥取の「海の幸」を、四季折々で楽しめる、贅沢にかつ豪快に盛った「海鮮丼」。
鳥取でしか食べることができない新鮮な食材が存分に活かされ、見た目も味も満足していただけるでしょう。

【春】 猛者エビの海力めし
猛者えびの海力めし

モサエビは独特の甘味と歯ごたえが特徴。さっと塩ゆでしてあるえびの頭をかみしめると、みそやたまごの甘みと旨みを存分に感じられます。

モサエビの頭でだしをとった味噌汁は絶品です。

期間:3~5月
3品 1,680円/5品 2,625円

【夏】 岩ガキと白イカの海力めし
岩ガキと白イカの海力めし

カキといえば冬が旬ですが、「岩ガキ」は夏が旬。マガキより大きい身をソテーにし、夏が旬の白イカをのせて、丼にしています。

プリプリの生の岩ガキを楽しみたい方は5品の料理をおすすめします。

期間:6~8月
3品 1,785円/5品 2,730円

【秋】 鯵と白ハタの海力めし
鯵と白ハタの海力めし

秋の白ハタは、脂がのり、とろけるような食感を楽しむことができます。丁寧に調理された白ハタはとても食べやすくなっています。

地元でよく食される鯵の刺身もまた脂がのっています。

期間:9~10月
3品 1,470円/5品 2,100円

【冬】 子持ちガニの海力めし
子持ちガニの海力めし

松葉がにの雌である子持ちガニは「親ガニ」と呼ばれ、こくや旨みのつまった内子や外子は冬の味覚のひとつとして、地元ではよく食されています。

また、大根を入れ、親がにでだしをとった味噌汁は地元ならではの食です。

期間:11~12月
5品 2,625円

◎ メニューは事情により異なる場合があります。写真はイメージです。
◎ 団体は要予約。個人の方も数に限りがありますので、ご予約をおすすめします。

四季の海力めし

(提供店)味覚のお宿 山田屋
鳥取市賀露町北1-5-36 TEL 0857-28-1004
(提供店)料理 若林
鳥取市賀露町北 TEL 0857-31-1178
(団体受付)
賀露みなと観光協会
TEL 0857-28-1004/090-5709-8205
アクセス
JR鳥取駅から車で約15分
鳥取自動車道「鳥取IC」から約15分