鳥取県ってこんなとこ

鳥取県の位置

鳥取県マップ

 日本列島本島の中国地方の北東部にある鳥取県。東西120km、南北約20〜50kmの細長い形をしています。
 北は日本海に面し、鳥取砂丘をはじめとする白砂青松の砂浜、日本海の荒波がつくる奇岩・洞門など変化に富んだ海岸線が続き、南には、中国地方最高峰の大山をはじめ、中国山地の山々が連なっています。山地の多い地形ながら、三つの河川の流域には平野が形成され、それぞれ、鳥取市、倉吉市、米子市が流域の中心都市として発展しています。
 比較的温暖な気候で、春から秋は好天の日が多く、冬には降雪もあるなど、四季の移り変わりが鮮やかで、美しい自然に恵まれています。

鳥取県の自然

今なお多くの自然を残している鳥取県。その雄大でやさしさに溢れる風景は、鳥取県に暮らす人々の心のよりどころとなっています。

鳥取砂丘
鳥取砂丘

山陰海岸ジオパーク
山陰海岸ジオパーク 

大山
大山

鳥取県の歴史

鳥取県内には、歴史の中の時間をそのまま感じられる場所があります。遥かな古代、神話から伝わる和心の伝承。
今残されている姿から足跡をたどるように、幾千年の歴史をたどってみませんか。

三徳山投入堂三徳山三佛寺投入堂

山岳信仰と仏教が習合した日本独自の宗教の拠点のひとつが「三徳山」。平安時代に最盛期を迎えた修験道として、三徳山には多くのお寺があり、中でも断崖に建てられたこのお堂は国宝に指定されています。

妻木晩田遺跡妻木晩田遺跡

中国地方最高峰・大山の麓に、弥生時代、中心的な集落があったと考えられている遺跡です。全国や世界に誇れる重要な遺跡で、当時、この一帯が大陸や朝鮮半島と盛んな交流を持ち、豊かな土地であったことを静かに物語っています。

鳥取県の食

鳥取県の食は、海の幸、山の幸に恵まれています。

松葉がに 鳥取県観光松葉がに

山陰地方では、成長した雄のズワイガニのことを松葉がにと呼びます。上品なうまみが楽しめる鳥取県を代表する冬の味覚です。

二十世紀梨二十世紀梨

鳥取県は、二十世紀梨の生産量が全国一を誇り、世界中に輸出しています。収穫時は、8月下旬~9月下旬。鳥取県内の観光梨園では、梨狩りを楽しむことができます。

鳥取県の工芸・民芸

豊かな自然と深く関わる工芸品や民芸品。

因州和紙因州和紙

鳥取市佐治町および鳥取市青谷町を中心に生産されています。その歴史は古く、奈良時代の正倉院文書の中に因州和紙と推測される紙が保存されています。

弓浜絣弓浜絣と倉吉絣

250年以上前に鳥取県に伝えられた絣織りは、現在でも鳥取県西部の弓ヶ浜、中部の倉吉市などでその技術が伝えられています。

鳥取県の文化

鳥取県には、この地域でしか見られない地域色豊かな伝統芸能、年中行事が今に伝えられています。

麒麟獅子舞麒麟獅子舞

鳥取県東部に伝わる麒麟獅子舞は、霊獣「麒麟」の獅子頭を使う獅子舞で、春や秋の祭礼に神社へ奉納される独特の舞です。

流しびな流しびな

旧暦の3月3日、千代川の河原で行われる行事。晴れ着姿の女の子たちが、ひな人形や菱餅、菜の花などをのせた桟俵を川に流し、小さな手をあわせて無病息災などを祈ります。