とっとり観光ニュース2015年2月号

目次
1.観光連盟スタッフおすすめ!桜のお花見スポット✿
2.受験生応援☆開運グッズ!!
3.鳥取ジビエ旋風
4.い~い湯だぁ~なぁ♪吉岡温泉
5.鳥取美ゅ~てぃ~☆
6.TOTTORI山陰八景『東郷湖周遊ウォーク』(プランの紹介)
7.とっとりの手仕事巡り~東部編~
8.鳥取の偉人 塩谷定好-しおたにていこう-
9.JRかにカニ日帰りエクスプレス
10.境港に『蟹座』OPEN!

1.観光連盟スタッフおすすめ!桜のお花見スポット✿

【湖山池遊覧船に乗って 湖上からの青島桜見物】

2-1山陰海岸ジオパークエリアにある湖山池に浮かぶ青島。島内を1周できる遊歩道や展望台が整備されています。車の進入もないので、子ども達ものびのびと遊べます。昨年からは湖山池の遊覧船も就航し、湖上からのお花見も楽しめるスポットとして注目されそうです。

■所在地 湖山池青島公園(鳥取市高住) ■問合せ先 湖山池情報プラザ 電話 0857-31-2900

2-2《湖山池遊覧船》 

■運航 9:20〜1時間毎に就航(乗船時間約40分) 
■乗船料 大人1,000円、小人500円
■定員22名(隻数2隻)
■問合せ先 湖山池遊覧船 電話 0857-30-5078

■イベント/『逆バレンタイン大作戦』(2/12〜14)

 

2-3【鹿野城跡の夜桜】

鹿野城下町を散策できる町の一角にある、夜桜とお堀の饗宴が美しいスポットです。鳥取市街地の桜が散り始めた頃から見頃を迎え、期間的にも長く楽しめます。夜になりライトアップされ、鏡のようなお堀の水面に映し出された夜桜は、特に必見です。

■所在地 鹿野城跡公園(鳥取市鹿野町鹿野殿町) ■問合せ先 ふるさと鹿野 電話0857-84-2205

2-4【若桜鉄道SL機関車と桜】

若桜という名のとおり、若桜駅には綺麗な桜の花が咲き乱れます。この時期は、駅周辺で「因州若桜さくらまつり」(4月上旬予定)が開催され、多くの花見客で賑わいます。夜はSL機関車と桜のライトアップもオススメです。

■所在地 八頭郡若桜町若桜345−2 ■問合せ先 若桜町観光協会 電話 0858-82-2237

 

2-5【倉吉極楽寺のしだれ桜】

境内にある樹齢約140年の県内最大のしだれ桜は、 淡紅色で赤味が強く、例年4月初旬には華麗な姿が見られます。開花中は日没後にライトアップされます。

■所在地 極楽寺(倉吉市八屋130)
■問合せ先 倉吉白壁土蔵群観光案内所 電話 0858-22-1200

 

2-6【桜の下でグラウンドゴルフができるレークサイド大栄】

豊かな自然に囲まれた西高尾ダム湖のほとりにある広場で、グラウンドゴルフ専用コース(有料大人400円~)をはじめ、全長80mのローラー滑り台やグラススキー場などがあり、一日中、大自然を満喫できます。桜と芝桜の饗宴が見所です。

■所在地 東伯郡北栄町西高尾1677 ■問合せ先 レークサイド大栄 管理事務所 電話 0858-57-2323

 

2-7【仁王堂公園のシンボル天狗と桜】

大山一円の守護神とも言われる、高さ8.88mの大山カラス天狗の像が建つ公園です。大山を眺望できる山裾にあり、360度広大な風景が広がります。芝生広場や子どもが遊べる遊具があるこの公園は、多くの家族連れでにぎわいます。

■所在地 西伯郡大山町宮内字仁王堂 ■問合せ先 大山町観光案内所 電話 0859-52-2502

2-8【境台場公園 白い灯台と桜】

350本のソメイヨシノが咲き誇る境台場公園は、黒船の来襲に備え築かれた砲台でした。公園内にある「境港灯台」は明治28年に建設され、昭和40年に解体されましたが、再び港のシンボルとして平成3年に復元されました。毎年3月下旬から4月上旬に「境台場公園桜まつり」が開催され、多くの人が訪れ、花の下では酒宴が開かれます。夜にライトアップされる白い「境港灯台」は実に見事です。

■所在地 境港市花町 ■問合せ先 境港市観光協会 電話 0859-47-3880

2-9《春のイベント情報》 石谷家住宅 春の庭園特別公開

石谷家庭園として国登録名勝の庭園は、春と秋の2回一般公開をしており、春は、ツツジやサツキが綺麗な花をつけます。庭園内での野点は、春の公開時期限定です。

■開催日 平成27年5月1日(金)〜6日(水・祝) ■庭園観覧料金 200円(別途入館料500円)
■場所 石谷家住宅(八頭郡智頭町智頭396) 
■問合せ先 (一財)因幡街道ふるさと振興財団 電話 0858-75-3500

↑ページトップへ

2.受験生応援☆開運グッズ!!

2-112-10【若桜鉄道 すべり止め砂ストラップ&合格祈願鉛筆】

五角形の合格祈願鉛筆(2本セット220円)「未来に向かって出発進行!」の願いを込めて、またSLは車輪が滑りそうになると砂をまいてすべるのを防ぐことから、若桜鉄道にやってきた蒸気機関車「C12 167」号機に積んであった滑り止めの砂をストラップにして販売(810円)。

■所在地 境港市花町 ■問合せ先 境港市観光協会 電話 0859-47-3880

2-12【智頭の知恵米】

智頭町の山間奥地に位置する八河谷(やこうだに)集落で作られ、おじいちゃんおばあちゃん達の想いがたくさん詰まった「智恵がつく!頭が冴える!智頭の知恵米」。古くから藁細工が伝わる地域で、知恵米を包んでいる藁も一株ずつ手で刈り、天日干しをして保管していたものを使います。合格祈願のお守り付き限定20個のありがたいお米は、1キロ3,500円(税込)で販売しています。

■問合せ先 智頭町山村再生課 電話 0858-75-3117

2-13【お守り天使】

智頭(智恵の頭)にちなんだ合格祈願お守りは、受験シーズンになると遠くからわざわざ買いに来られる程の人気グッズです。赤・青・ピンク・金系の4色があり、1つ719円で販売中。

■問合せ先 智頭町総合案内所 電話 0858-76-1111

↑ページトップへ

3.鳥取ジビエ旋風

鳥取県では、捕獲された猪・鹿を地域資源として有効活用する為に、さまざまな取り組みを実施しています。その中でも注目されているのが、ジビエ料理。県東部だけでも約20軒ほどジビエ料理を楽しむことのできるお店があります。2月には、第1回日本ジビエサミットが鳥取市内で開催されます。

2-14【鳥取県庁食堂のジビエカレー】

第1、3火曜に限定50食で提供される「鹿野産 猪カレー」はサラダと味噌汁付きで500円と格安。第2、4火曜日に提供される「若桜産 鹿カレー」は同じ値段で、1皿にルーが2種類とオススメです。食堂のある庁舎9階からの眺めもあわせてお楽しみください。

■営業時間 8:00~17:00 ■定休日 土・日・祝日
■問合せ先 鳥取県庁食堂 電話0857-26-7797

2-15【南部町 緑水園のぼたん鍋】

野山を駆け回った猪の肉は、とても希少で高タンパク、低脂肪、低カロリー。緑水園で提供している味噌味のぼたん鍋は、ごぼうをすりおろし丹念に練り合わせた特製の手作り味噌ダレを使用しており、全国発送もしています。緑水園は、緑水湖の畔に位置しキャンプ場やバンガローも併設。ソーセージ作りなど各種体験プログラムもあります。

■定休日 第1、3火曜日、年末年始 
■問合せ先 緑水園(西伯郡南部町下中谷606)電話 0859-66-5111

【鳥取のハンター☆緒方陽紀(おがたはるき)さん】

2-16千葉県船橋市から鳥取県へ移住され、ハンターとして活動されながら、八頭町(八東地区)の地域おこしに意欲的な、緒方さんにインタビューしました!

Q:普段のお仕事を教えて下さい。
八頭町の地域おこし協力隊として地域活性化に取り組みながら、養蜂の仕事をしています。ジビエの狩猟もですが、大学生に向けて、狩猟を通じて体感する「自然の魅力」や、普段体験する事の少ない「命を奪う」と言う事など講演もしています。

Q:狩猟の方法や捕獲される動物を教えて下さい。
箱罠、くくり罠、猟銃など色々な方法で、シカを中心にイノシシも捕獲します。カモも撃ったりしますよ。

Q:ハンターをしていて大変な事はなんですか?
解体作業です。とても時間がかかるので…。

Q:これからの活動の意気込みをお聞かせください!
奪った命を有意義なものにする為、鹿肉の加工から販売、鹿の角や毛皮を使ったアクセサリー製作など、取り組んでいきたいですね。

■問合せ先 八頭町役場 産業観光課 電話 0858-76-0208

↑ページトップへ

4.い~い湯だぁ~なぁ♪吉岡温泉

2-17応和2年(962年)、葦岡(あしおか)長者により温泉が発見されたと伝えられています。また、顔に悪瘡のできた一人娘の病気平癒を薬師如来に祈願したところ、満願の夜お告げがあり、お告げに従ってうつろ田を掘ると、世にも珍しい湯が湧き出て、その湯を汲んで娘の瘡を洗うと、元の美しい姿となったという話も残っています。現在は、温泉旅館の他に共同浴場の下湯、家族風呂も楽しめる吉岡温泉館や、足湯が2ヶ所あり、ホタルの時期にはホタル祭りで温泉街が盛り上がります。

■問合せ先 吉岡温泉旅館組合 電話 0857-57-0800

2-182-19【あづまやさんのプリン】

レトロ感たっぷりの可愛いお店「ヒイラギカフェ」では、吉岡温泉名物のプリンがいただけます。大山の生クリームをたっぷり使い、口当たりなめらかな中にクリームの濃い風味が感じられる一品です。温泉に来た時に立寄りたいお店です。 

■問合せ先 ヒイラギカフェ(鳥取市吉岡温泉町261) 電話 0857-57-0009

↑ページトップへ

5.鳥取美ゅ~てぃ~☆

2-20乾燥するこの季節、お土産にオススメの一品があります。鳥取県内の温泉がたっぷり入ったミストです!温泉の成分そのままを全身に使用可能で、女性だけでなく男性やお子様にもご使用いただけます。皆生温泉ミストは、ねこ娘の入浴デザイン「ねこ娘ミスト」バージョンもあり、好評です。

☆浸透力と保湿力なら 三朝みすと 三朝温泉旅館協同組合 電話0858-43-0431
☆美肌や殺菌力なら はわい温泉ミスト はわい温泉・東郷温泉旅館組合 電話0858-35-4052
☆しっとり美肌に保湿力なら 皆生温泉ミスト 皆生温泉旅館組合 電話0859-34-2888

↑ページトップへ

6.TOTTORI山陰八景『東郷湖周遊ウォーク』 (プランの紹介)

2-21鳥取県中部に位置する山陰八景の一つ「東郷湖」は、ロケーションの素晴らしさとともに、「天女が舞い降りた羽衣伝説」、「出雲神話に登場する下照姫(したてるひめ)」、「九品山大伝寺 中将姫」と3人の美人伝説が残る温泉地です。近年、全日本ノルディックウォーク連盟より公認コースとして全国初の認定を受けた県下でも有数のウォーキングコースで、健康と美の同時体験はいかがですか。

【東郷湖周遊ウォーク】

■料金 800円/1人
■行程 はわい温泉→めぐみの湯公園→中国庭園燕趙園→ぱにーに→Café ippo→はわい温泉
■実施期間 通年(※雨天決行、但し荒天により中止となる場合があります)
■特典 ノルディックウォークインストラクター帯同、選べるスイーツクーポン付、無料の足湯7ヶ所
■最少催行人数 15名  ■問合せ先 湯梨浜町観光協会 電話0858-35-4052

↑ページトップへ

7.とっとりの手仕事巡り~東部編~

民藝運動の影響が濃く残る陶磁器や因州和紙などが継承されている県東部地域。手仕事品に触れられる場所を紹介します。

2-22【鳥取民藝美術館】

鳥取の民藝運動家、吉田璋也氏が開設、収集した美術館は一見の価値あり。並んで建つたくみ工芸店、たくみ割烹店と共に器を見る・買う・使うを1度に楽しめます。

■営業時間 10:00~17:00(水曜定休)■住所 鳥取市栄町651 ■電話 0857-26-2367

 

2-232-24【高砂屋】

明治期の商家が趣を感じさせます。店内には陶器や玩具など東部地域の手仕事品が中心に中西部の品も並びます。

■営業時間 9:00~17:00 (月曜定休、祝日の場合は翌日休)
■住所 鳥取市元大工町1  ■電話 0857-29-9024

【因州和紙体験施設】

2-25「因州筆切れず」と言われるほど高品質な因州和紙。施設では企画展の開催や、和紙製品の買い物、実際に紙漉き体験もできます。天候に左右されない安心の体験メニューです。

 ●あおや和紙工房

紙漉き体験(はがき、ランプシェード)
■受付時間 9:00〜16:00 ■所要時間 1時間程度 ■人数 1〜40名(団体は要予約)
■料金 200円〜(団体20名以上は160円〜)

■お問合先 あおや和紙工房 ■住所 鳥取市青谷町山根313 ■電話 0858-89-1816
■営業時間 9:00~17:00(月曜休、祝日の場合は翌日休)

  ●かみんぐさじ

紙漉き体験(はがき、うちわなど)
■受付時間 9:30~15:30 ■所要時間 40分~1時間程度 ■人数 1〜40名(5名以上要予約)
■料金 500〜700円

■お問合せ先 かみんぐさじ ■住所 鳥取市佐治町福園146-4 ■電話 0858-89-1816 

2-26【岩美町の未が採用されました~♪】

平成27年用年賀郵便切手の絵柄、皆さんご覧になりましたか?実はこの未、岩美町岩井にあるおぐら屋の「木彫人形十二支」の未(ひつじ)が採用されています。おぐら屋は、約200年前に木地師(きじし)の小椋佐兵衛が挽物(ひきもの)を製作したのが始まりで、小椋家八代目により木彫人形十二支が作られました。全体を挽物細工で作り、1つ1つを泥絵具で彩色している作品は、形が丸く愛らしい表情をしています。またその年の干支だけでなく、自分の生まれた年の干支を手にしていると開運に繋がるといういわれもあるようで、今密かな人気をよんでいます。

■問合せ先 岩美町観光協会 電話0857-72-3481
■岩美町ホームページ http://www.iwami.gr.jp/dd.aspx?itemid=6738

↑ページトップへ

8.鳥取の偉人  塩谷定好-しおたにていこう-

本名は「さだよし」。明治32年、東伯郡赤碕町(現琴浦町)に生まれ、20歳代で早くも我が国の芸術写真の草分け的存在として活躍しました。境港市出身の写真家・植田正治の才能を発掘したことでも知られ、生涯にわたって生まれ育った故郷を愛し、山陰地方の自然を撮り続けました。

明治初期の商家である生家を改装し、開館した写真記念館では、ギャラリーはもちろん、生前の愛用品や生活ぶりを感じられる品々を見ることができます。館内には、カフェ「汐風通り」が併設され、コーヒーやぜんざい、鯛焼きなどを落ち着いた雰囲気の中で味わえ、地元のコミュニティーの場としても賑わっています。

2-272-282-29

■開館時間 9:00~16:00 ■定休日 火曜(祝日の場合は、翌日休) ■駐車場 有(琴浦町駐車場利用)
■入館料 一般300円(中学生以下無料)、団体200円(15名以上)☆1年間入館無料のパスポート有
■問合せ先 塩谷定好写真記念館 電話0858-55-0120

↑ページトップ

9.JRかにカニ日帰りエクスプレス

2-30カニ料理を楽しみたいけど宿泊の時間が無くて…そんな時は、お手頃価格でカニ料理を満喫いただける食事とJR往復切符がセットになった日帰りプランをご利用下さい。エリアは3方面(山陰、城崎・天橋立、北陸)全72施設が対象で、それぞれのニーズに合わせて、食事内容などコースを設定することができます。

■申込み 2名以上
■発売期間 3月18日まで(乗車日の3日前までの発売)
■問合せ先 専用電話 0088-24-8383
■ホームページ http://www.jr-odekake.net/plan/kanikani/

 ↑ページトップへ

10.境港に「蟹座」OPEN!

2-31この冬、境港に牡蠣小屋ならぬ「かに小屋」が1月18日にオープンしました。紅ずわいがに(肩)が食べ放題!蟹取県へウェルカニ~♪で、かに三昧を体験して下さい。

■期間 1月18日〜2月末まで ■営業時間 10:00~15:00
■場所 境港水産物直売センター多目的施設内(境港市昭和町9-5)
■問合せ先 山陰旋網漁業協同組合 電話 0859-42-6381

鳥取県ウェルカニキャンペーン実施中☆(2月末まで)☆

↑ページトップへ

毎月発信しているメールマガジン「とっとり観光ニュース」。県外では入手困難な地元の新鮮な情報を提供します。旅行代理店・マスコミ向けの内容ですが、一般の方にもお楽しみいただけます。登録は下記のリンク先でメールアドレスを入力し、登録ボタンをクリックしてください。