とっとり観光ニュース2014年11月号

目次
1.鳥取県ウェルカニキャンペーン開催中
2.山陰海岸ジオパーク☆エリア拡大しました!!
3.い~い湯だぁ~なぁ♪ 浜村温泉・鹿野温泉
4.鳥取砂丘砂の美術館が贈る 3Dプロジェクションマッピング 砂と光の幻想曲
5.鳥取の冬☆ゲレンデ情報
6.冬の森や山をスノーシューや森林セラピーで楽しもう!
7.HAPPY☆になれそうな神社を巡ってみる~聖神社~
8.いわみ八宝(はっぽう)をいただく
9.とっとり・おかやま新橋館OPENしました
10.旅行に便利な☆二次交通
   ・はわい温泉・東郷温泉カニバス
   ・旅の記念に!「三朝温泉〜倉吉白壁土蔵群 バス乗車記念切符」販売開始
11.全国柿の種吹きとばし大会

1.鳥取県ウェルカニキャンペーン開催中

11-1あったか~い温泉に浸かって、鳥取の食を堪能して、自然の風や景色に癒されて…お土産に「カニ」が当たる!?美味しいキャンペーンが始まりました。10月1日から平成27年2月28日までに、鳥取県内の対象宿泊施設に宿泊し、「宿泊証明印」を押したハガキで応募されたお客様の中から抽選で、毎月100名様に鳥取の冬の味覚『旬のカニ』が当たります!!

詳しくは鳥取県観光連盟ホームページをご覧ください。

■問合せ先 鳥取県観光連盟 電話 0857-39-2111
■鳥取県ウェルカニキャンペーン http://www.tottori-guide.jp/wel-kani/

 ↑ページトップへ

2.山陰海岸ジオパーク☆エリア拡大しました!!

2010年に世界ジオパークネットワークに加盟認定された山陰海岸ジオパークが、今年9月、4年に1度の再審査で、美しい海岸線の貴重な地形や地質の存在と、内陸部の活断層や温泉、滝など環境保護、教育、観光などに活用できる素材として、エリアを拡大し再認定されました。

11-3
山陰海岸ジオパークフェスティバルinとっとり

世界ジオパーク再認定を記念して開催される、ジオパークを見て・聞いて・遊んで・食べるイベントです。

■日時 11月2日(日)10:00〜15:00 ■会場 鳥取駅前バードハット
■問合せ先 県緑豊かな自然課 電話0857-26-7637 市鳥取砂丘・ジオパーク推進課 電話 0857-20-3036

(1)鳥取市鹿野町

11-4【鹿野城跡公園】

戦国武将:亀井茲矩(これのり)公の居城跡。現在でも満々と水をたたえる内濠や外濠・石垣などが、400年以上前の当時の面影を今に伝えています。この時期、公園南側にある城山(妙見山)の参道辺りで、約600本のモミジが、紅く鮮やかに色づいた様をご覧いただけます。城山の参道から山頂には、亀井茲矩公の隠居所跡といわれる「西の丸御殿跡」や「天守台跡」が残っており、落ち葉であふれた参道を歩きながらの「歴史探訪」と「紅葉狩り」を、手軽なハイキング感覚で一度に楽しむことができます。また春には、公園内に植えられたたくさんのソメイヨシノが咲き誇り、県内でも有数のお花見の名所として知られています。

11-5【幸盛寺(こうせいじ)の大銀杏】

1592年の「鹿野山(ろくやさん)幸盛寺」現在の地への移設と同時に植えられたと云われる銀杏は、城下町鹿野のシンボルツリーとして幸盛寺の境内に立っています。高さ34メートル、幹6メートル程ある巨木は秋が深まるにつれ、枝々の葉が美しい黄色一色に染まります

11-711-6【鹿野そば】

9月中頃から白く可憐なそばの花が咲き始め、初秋の鹿野町の田園風景を彩ります。花が咲き終わり、11月中頃になるとそばの実が収穫され、鹿野町内のお店では、十割そばの「新そば」が登場します。適度なコシと香り豊かな鹿野町特産の「新そば」をご賞味ください。

11-8【ぷらっとしかのガイドの会】

専門の養成講座を受けたガイドが鹿野町内をご案内いたします。ご要望にあわせ、コース・時間を設定させていただきます。どうぞお気軽にお問合せください。
■問合せ・申込 鹿野往来交流館童里夢(ドリーム) 電話0857-38-0030

■鹿野町に関するお問い合わせ 鹿野往来交流館童里夢(ドリーム)電話0857-38-0030 http://www.shikano-net.com/dream/

(1)鳥取市青谷町

11-9【井手ヶ浜海岸】

砂浜を歩くと、クックッと砂が鳴る「鳴り砂」の浜で、県内外からサーフィンやSUP(スタンドアップパドル)を楽しむ人たちが訪れます。

11-10【因州和紙】

古来より和紙が盛んに生産された地域で、「あおや和紙工房」では現在も和紙の歴史や和紙を使った製品の展示、紙漉き体験ができます。
■あおや和紙工房 電話0857-86-6060 http://www.tbz.or.jp/aoya-washi/

【青谷上寺地遺跡】

弥生時代の集落跡で、全国的にみても稀な「弥生人の脳」や日常生活道具、祭祀具など多様な品々が保存のよい状態で発見され、「地下の弥生博物館」と称されています。

■青谷町に関するお問い合わせ 鳥取市青谷町総合支所 電話 0857-85-0011

↑ページトップへ

3.い~い湯だぁ~なぁ♪ 浜村温泉・鹿野温泉

11-11【浜村温泉】

山陰随一の豊富な湯量と500年の歴史を持ちます。その昔、美しい白鷺が足の傷を癒した所に湧き出た温泉と記され、「鷺の湯」とも呼ばれています。浜村駅前や日本海を眺望できる公園内などに無料で設置されている足湯もあるので、子供から御年配の方まで気軽に温泉を楽しんでもらえます。近くには、砂丘まで見渡せる魚見台(うおみだい)展望台など、ドライブにも最適です。

■問合せ先 気高町観光センター 電話0857-82-0829

11-12【鹿野温泉】

弱アルカリ性で、通称「おんな水」といわれるほど肌にとてもやさしく、入浴後は肌にツヤツヤ感が得られる泉質です。鷲峰山などの山々に囲まれた閑静な城下町にあり春は桜、夏は蓮、秋はコスモスなど四季折々の花が町中で見られます。

■問合せ先 鳥取市観光案内所 電話0857-22-3318

↑ページトップへ

4.鳥取砂丘砂の美術館が贈る 3Dプロジェクションマッピング 砂と光の幻想曲

11-13鳥取砂丘砂の美術館が贈る感動のクリスマスプレゼント!聖夜、砂像に込められた秘密のストーリーが暴かれる。壊れゆく運命の砂像と衝撃の映像が奇跡のコラボレーション。この機会をお見逃しなく。

■日時 12月13日(土)~12月25日(木)
■時間 1回目16:00〜 ※2回目以降30分毎に開催、最終21:30〜
■料金 砂の美術館通常入館料のみ
    一般600円(500円)、小中高校生300円(200円)※( )は20名以上の団体料金
■駐車場 無料(大型バス駐車可)
■問合せ先 鳥取砂丘砂の美術館 電話 0857-20-2231 http://www.sand-museum.jp/

↑ページトップへ

5.鳥取の冬☆ゲレンデ情報
  • 奥大山スキー場
    ■住所 日野郡江府町御机大平原 ■スキー場開き 12月20日(土)
    ■問合せ先 奥大山スキー場管理課 電話0859-77-2828 http://okudaisen.info/
          江府町観光協会 電話0859-75-6007
  • 休暇村奥大山 鏡ヶ成スキー場
    ■住所 日野郡江府町御机字鏡ヶ成 ■スキー場開き 12月20日(土)
    ■問合せ先  江府町観光協会 電話0859-75-6007 奥大山スキー場管理課 電話 0859-77-2828
    ■ホームページ http://www.qkamura.or.jp/ski/daisen/

☆県内スキー場は12月中旬頃にスキー場開きの予定です。
●だいせんホワイトリゾート(西伯郡大山町大山)
●大山桝水(だいせんますみず)高原スキー場(西伯郡伯耆町大内桝水高原)
●花見山(はなみやま)スキー場(日野郡日南町神戸上)
●わかさ氷ノ山スキー場(八頭郡若桜町つく米)

↑ページトップへ

6.冬の森や山をスノーシューや森林セラピーで楽しもう!

鳥取の冬の積雪期はスノーシュートレッキングが人気です。
※体験メニューやイベントはすべて予約申込制です。詳しくはお問い合わせ下さい。
※悪天候や雪崩などの危険性があり中止されることもありますので、事前に各催行先へお問合せ下さい。

11-15【真っ白なブナの森をスノーシューでハイキング(大山)】

「森の国」は、大山のふもとの自然体験施設。冬のアウトドア初心者の方からリピータの方まで各種スノーシュープランがあります。ハーフデ―コースは、体力的に1日は少し大変と思われる方や、午後しか時間が空いていない方におすすめ。「愛犬と行くスノーシュー」も人気です。

■コース 1日体験ビギナーコース、半日体験ハーフディコース、ダウンヒルスノーシュー、愛犬と行くスノーシュートレッキング
■問合せ先 森の国(西伯郡大山町赤松) 電話 0859-53-8036 http://www.japro.com/morinokuni/

11-16【冬の森林セラピー® スノーシュートレッキングツアー(智頭)】

雪で覆われた智頭の山々をスノーシューで散策、しんと静かな雪の森をガイドの案内で散策します。冬にしか見られない植物の観察や、動物の足跡さがし、雪上にキラキラ輝く雪の結晶がみられることも。冬の森の美しさを体感しませんか。

■問合せ先 智頭町観光協会(八頭郡智頭町) 電話 0858-76-1111

【冬の森で大人も子供も遊ぼう(若桜氷ノ山)】

11-17大人も子供も雪まみれの体験をしませんか。かまくらづくりやそり遊び、スノーシューをはいて普段入れない林で自然観察会、歩くスキーをはいてトレッキング、2月には縁結びスノーシューハイクもあります。

■コース 雪と遊ぼう(かまくら作りなど)、スノーシューハイク、スキートレッキング、
     縁結びスノーシューハイク、スキー&スノーシュー
■定休日 12月〜3月の月~水曜
■問合せ先 氷ノ山自然ふれあい館 響の森(八頭郡若桜町つく米) 電話 0858-82-1620 http://www.hibikinomori.gr.jp

↑ページトップへ

7.HAPPY☆になれそうな神社を巡ってみる~聖神社~

【開運・繁栄をもたらす 聖神社(ひじりじんじゃ)】

11-18縁起の良い名前で知られる神社と、その年の干支にちなんだ神社を紹介する「伯耆因幡國開運八社巡り」が来年で5回目を迎えます。開運を求めて全国各地から訪れる方の中には、女子旅だけでなく、社員旅行やグループで巡る方も年々増えています。鳥取県の「たたら」の歴史や文化を知るだけでなく、地元の郷土料理や日本海の幸を食べながら温泉効果でゆっくり癒され、開運祈念の参拝をされてみてはいかがでしょう。

11-20来年の所縁神社となる「聖神社」は、地元で「聖(ひじり)さん」と呼ばれ親しまれています。神社の本殿はケヤキ白木材を使用し、宝永7年(1710年)に再建され県保護文化財の指定を受けています。

 

11-19下方の四方には十二支の彫刻が細密に施されており、その中には、平成27年の干支である未(ひつじ)の彫刻が、年月の遷ろいにたえつつも優美な姿で表されています。御祭神は、邇邇藝命(ににぎのみこと)、日子穂穂手見命(ひこほほでみのみこと)、事代主神(ことしろぬしのかみ)です。

2年に1度の5月第3土曜(宵宮)、日曜日には神幸祭が行われ、獅子舞奉納、神輿を中心に屋台十数台が横笛や太鼓の音色を響かせながら町をねり歩く神幸行列は、鳥取県無形民俗文化財に指定されています。

【聖神社】
■住所 鳥取市行徳2丁目705
■アクセス 鳥取駅より徒歩15分、100円循環バスくる梨(青コース)行徳公園入口で下車・(赤コース)聖神社北門前で下車

【因幡伯耆國開運八社巡り】
■問合せ先 鳥取県観光連盟 電話0857-39-2111 http://www.tottori-guide.jp/kaiun8/

↑ページトップへ

8.いわみ八宝(はっぽう)をいただく

11-21豊かな海と山に囲まれた岩美町では、多くの特産品の中から選び抜いた岩美イチオシの8つの食材を集め「いわみ八宝」と名付け、山陰海岸ジオパークの名物料理「ジオグルメ」として提供しています。この時期旬の松葉がに、深海に生息する通称ばばちゃんなど鳥取の味覚をお楽しみください♪

11-22【いわみ八宝】

松葉がに(11~3月)、ばばちゃん(12~3月)、マコモタケ(10~11月)、新雪(梨)(11~1月)、白イカ(6~11月)、赤がれい(9~5月)、もさエビ(3~5月)、岩がき(夏輝)(6~8月)

■提供場所 岩井温泉各旅館、岩美町内の民宿、レストラン等 ※各所に事前にお申し込みください。
■問合せ先 岩美町商工会 電話0857-72-0588

↑ページトップへ

9.とっとり・おかやま新橋館OPENしました♪

11-23東京新橋にオープンした「とっとり・おかやま新橋館」は、1階が旬の果物やお土産を取扱う物販スペース、2階は観光案内・移住相談デスク、食事の出来るレストラン、催事スペースも兼ね備えたアンテナショップです。鳥取と岡山のいい所、美味しい所が盛りだくさんのお店です。

イベント情報【山陰山陽観光物産フェア】

■期日 12月6日(土)、7日(日)
■問合せ先 鳥取県東京本部 電話03-5212-9077

とっとり・おかやま新橋館
■問合せ先 電話03-3571-0092 ■住所 東京都港区新橋1−11−7新橋センタープレイス1・2階 http://www.torioka.com/

↑ページトップへ

10.旅行に便利な☆二次交通
はわい温泉・東郷温泉カニバス

11-24カニを食べに温泉へ~♪美味しいカニ料理プラン満載のお宿が皆様をお待ちしてます。大阪発のカニバス直行便が期間中毎日運行します。12月13日初日便ご利用のお客様はなんと、バス料金が半額!!他にも各種特典付きのお得なプランです。鳥取県ウェルカニキャンペーンとあわせて、カニ三昧の旅をお楽しみください。

■運行期間 12月13日~平成27年3月29日 ※12月30日~1月3日は除く
■コース <往路>大阪梅田プラザモータープール9:00発→鳥取砂丘(自由食)→
         東郷温泉→はわい温泉14:15着
     <復路>はわい温泉15:00発→東郷温泉→賀露港(海産物の買物)→
         大阪駅周辺20:00着
■往復バス料金 大人3,800円、学生及び小人3,300円 ※片道料金はありません。
        初日(12月13日)限定料金 大人1,900円、学生及び小人1,650円
        ※対象人員は大型バス2台分までの予約
■問合せ先 はわい温泉・東郷温泉旅館組合 電話0858-35-4052 http://www.hawai-togo.jp/

旅の記念に!「三朝温泉〜倉吉白壁土蔵群 バス乗車記念切符」販売開始

11-25中部の観光の拠点である三朝温泉〜倉吉白壁土蔵群を結ぶ路線バスの記念切符の販売が11月より始まります。切符には、三朝温泉と倉吉白壁土蔵群、乗車するバスがひと目で分かる日ノ丸自動車のバス車体のレトロなイラストがデザインされています。半券は旅の記念として持ち帰りできます。快適に、楽しく旅行できること間違いなし!

■販売開始日 平成26年11月1日 ■期間 通年
■販売箇所 三朝温泉ほっとプラ座、JR倉吉駅内観光案内所、倉吉白壁土蔵群観光案内所
■料金 480円(大人のみ) ※三朝線(三朝温泉〜赤瓦・白壁土蔵バス停)のみ使用可。
■企画・発行・問合せ 倉吉観光マイス協会 電話0858−24−5371、三朝温泉観光協会 電話0858−43−0431
(倉吉観光マイス協会、三朝温泉観光協会の共同企画・作成です。)

 

↑ページトップへ

11.全国柿の種吹きとばし大会

11-26柿の種でハワイへ!?富有柿で有名な南部町では、毎年すご~いイベントを開催しています。競技内容は至ってシンプル、柿の種を飛ばすだけ…なんとメンズ・レディース部門の優勝者には豪華ハワイ旅行をプレゼント!!ふるってご参加ください。

■開催日 11月23日(日・祝)■会場 農業者トレーニングセンター(西伯郡南部町天萬526)
■部門  メンズ・レディース部門、ペアレント&チャイルド部門、パーティー部門
■申込締切 11月12日(水) ※募集人員は申込順。各部門、定員になり次第受付終了。
■問合せ先 「全国柿の種吹きとばし大会」事務局(南部町企画政策課内) 電話0859-66-3113
http://www.town.nanbu.tottori.jp/p/kyokai/event/55/

↑ページトップへ

毎月発信しているメールマガジン「とっとり観光ニュース」。県外では入手困難な地元の新鮮な情報を提供します。旅行代理店・マスコミ向けの内容ですが、一般の方にもお楽しみいただけます。登録は下記のリンク先でメールアドレスを入力し、登録ボタンをクリックしてください。