とっとり観光ニュース2014年9月号

目次
1.琴浦町 ~秋の彩り~
   ・船上山(せんじょうさん)景勝の探訪
   ・後醍醐天皇行在と船上山合戦
   ・一向平(いっこうがなる)~大山滝
2.秋のイベント情報
3.秋のおいしい☆味覚
   ・秋の行楽☆かに弁当を持ってでかけよう♪
   ・八頭町の柿
4.鳥取県内「直売所」探訪
5.い~い湯だぁ~なぁ♪
6.HAPPY☆になれそうな神社を巡ってみる
7.らっきょうの花が見頃を迎えます♪
8.手仕事×まち歩き
   ・トリベル ~DISCOVER TOTTORI~
   ・倉吉絣でまち歩き
9.速報!!東京に鳥取県・岡山県共同のアンテナショップOPEN!!
10.旅行に便利な☆二次交通
   ・ラクらく!倉吉⇔米子鬼太郎空港間 高速バス
   ・注目☆電気自動車「超小型モビリティ」

1.琴浦町 ~秋の彩り~
9-1【船上山(せんじょうさん)景勝の探訪】

大山隠岐国立公園内にある船上山は、大山連峰の一支峰で大山、矢筈ヶ山、甲ヶ山、勝田ヶ山を連ねた山脈の突端に位置します。標高は615mで、頂上は広く平坦となっていますが、東西及び北の三方は断崖絶壁で、特に東側は屏風岩・千丈滝・千丈のぞきなどがあり、天然の城壁です。また平安時代の初期頃から山岳仏教が栄え、大山、三徳山とともに「伯耆三嶺」と呼ばれる修験道の聖地とされていました。

四季折々で表情を変える船上山は、春は桜に若葉、山菜取り、夏はキャンプや登山、秋は紅葉、冬は真っ白に染まる山々と訪れる人を魅了します。鱒返しの滝の展望台から見ることができる紅葉は、11月初旬から見頃を迎え、紅葉の中から流れ落ちる滝の水しぶきが絵に描いたような美しさです。

【後醍醐天皇行在と船上山合戦】

9-2今から680年ほど前の鎌倉時代、奈良の吉野を拠点とする後醍醐天皇の南朝勢力と、京都に幕府を置き光厳院を擁立した北条氏の北朝勢力との対立抗争から、元弘の乱が起きましたが、天皇親政を願い、再三の倒幕計画に失敗した後醍醐天皇が、元弘2年(1332年)3月7日隠岐へ配流となったのは有名な話です。なおも、倒幕をめざす後醍醐天皇は、元弘3年(1333年)閏2月24日未明、9-3隠岐を脱出し、名和の豪族・長高(のちの長年)一族に守られながら天然の城壁となった船上山に籠城しました。

後醍醐天皇は、船上山から討幕の綸旨を各地に発し、鎌倉幕府と対決する姿勢をさらに強め、同年5月ついには念願の倒幕に成功し「建武の新政」へとつながりました。この間、約80余日間を天皇が船上山で過ごされたことから、山頂は船上山行宮跡(あんぐうあと)として国史跡に指定されています。

 

9-4
【一向平(いっこうがなる)~大山滝】

一向平からの約50分の遊歩道は、美しい木立の中、鮎返りの滝や吊り橋など名所が続く森林浴コースで、秋には、薄野原散策・紅葉狩りと、絶好のハイキングコースです。  大山滝は日本の滝100選に選ばれている名瀑。高さ43メートルの二段滝で、11月初旬には、一向平から吊橋、大山滝にかけて渓谷一帯に紅葉し、特に大山滝からみる眺めは絶景です。

■問合せ先 琴浦町観光協会 電話 0858-55-7811

↑ページトップへ

2.秋のイベント情報
(1)2014鯖サミット IN 鳥取

鳥取県東部地区で100年近い歴史を持つ加工品「塩鯖」をはじめ、全国各地のご当地鯖料理、さらにノルウェーの鯖メニューも楽しめる、まさに「サバ三昧」のイベントです。

■日時 9月20日(土)、21日(日) ※入場無料
■会場 JR鳥取駅前バード・ハット一帯
■問合せ先 鳥取の新・ご当地グルメを創る会 電話 0857-28-1004

(2)蛸舞式神事(たこまいしきしんじ)
9-5

ふんどし姿の氏子が丸梁(まるはり)に抱きついた状態で回転される…なんとも不思議なこの祭りは、昭和61年に鳥取県無形民俗文化財に指定されています。

■日時 10月19日(日)
■会場 福岡神社(西伯郡伯耆町福岡)
■問合せ先 伯耆町教育委員会 生涯学習室 電話 0859-62-0712

(3)大山秋色週間
9-6

大山の紅葉シーズンに合わせて「大山秋色週間」が行われます。ブナの黄金色を中心にカエデやナナカマドの赤など目にも鮮やか。期間中の10月24日は大山寺で稚児行列、採灯大護摩法要等が行われ、紅葉とともに伝統行事を楽しむことができます。

 ■日時 10月20日(月)~11月5日(水)
■会場 西伯郡大山町大山
■問合せ先 大山町観光案内所 電話 0859-52-2502

(4)鹿野わったいな祭

鹿野町一帯がお祭りムードでいっぱいになります。地元の物産販売や空き家を利用した各種お店を開き、街なみを楽しめるお祭りです。

 ■日時 10月25日(土)、26日(日)
■会場 鹿野町総合支所周辺(鳥取市鹿野町鹿野)
■問合せ先 鹿野わったいな祭実行委員会事務局 電話 0857-84-2011

(5)芦津渓谷ふれあいトレッキング

初心者は参加しやすく、リピーターも多い人気のトレッキング大会。紅葉の美しい芦津渓谷を散策し、地元芦津地区のみなさんによる天然なめこ汁などのおもてなしもあります。コースは約8キロです。

■日時 11月3日(祝・月)
■会場 芦津渓谷周辺(八頭郡智頭町芦津)
■問合せ先 智頭町観光協会 電話 0858-76-1111

(6)金持(かねもち)開運ウォーキング

紅葉を楽しみながらのウォーキングです。素敵な縁起物が当たる開運抽選会や、参加者には「金持箸」のプレゼントもあります!

■コース タフコース:14.4キロ、ゆうゆうコース:8.5キロ、絶景コース:5.9キロ
■日時 11月3日(祝・月)
■集合場所 滝山公園(日野郡日野町中菅)
■問合せ先 日野町観光協会 金持神社札所 電話 0859-72-0481

(7)新そばまつり

琴浦町の特産品や農作物の販売があります。

■日時 11月22日(土) 9:30~14:00 ※雨天時一部中止
■場所 一向平キャンプ場駐車場(東伯郡琴浦町野井倉)※臨時駐車場あり
■問合せ先 一向平キャンプ場管理棟事務所 電話 0858-57-2100

↑ページトップへ

3.秋のおいしい☆味覚
【秋の行楽☆かに弁当を持ってでかけよう♪】

9-8

【八頭町の柿】

9-109-9八頭町のフルーツと言えば、9月上旬より二十世紀梨の収穫を始めに10月上旬から11月中旬まで西条柿、11月下旬から12月中旬までの花御所柿と特産品が豊富です。西条柿は渋柿ですが、ほとんどが選果場において、ドライアイスを用いて3~4日間渋抜きをして、甘柿として出荷されます。また、干し柿用にも人気です。特に自慢なのが、花御所柿で八頭町の一部のみしか栽培されていない特殊な甘柿で、生産者もごく限られた柿です。果肉の、ち密さ、抜群の糖度(20度くらい)が全国の愛好者に大変親しまれ収穫量のほとんどが進物贈答品として、全国各地へ発送されています。固いうちは渋みがあるのも特徴で、少し軟らかくなりかけたものから、急がず、ゆっくり時間をかけて、召し上がって頂きたいお勧めの柿です。
(写真:左/西条柿、右/花御所柿)

■下記に関する問合せ先 JA全農とっとり 果実課 電話 0857-32-8333

 

↑ページトップへ

4.鳥取県内「直売所」探訪

9-11【物産館みかど】

地元の野菜や手作り加工品などの特産品が多数並んでいる直売所です。周囲には花御所柿の果樹園もあり、11月下旬にはあたり一面柿色となります。大きな柿のオブジェが目印です。

■場所 八頭郡八頭町大門389-1 (国道29号線沿い)
■営業時間 8:30~18:00 ※1月1日~5日は定休日
■問合せ先 物産館みかど 電話 0858‐72‐3730

↑ページトップへ

5.い~い湯だぁ~なぁ♪
【岩井温泉】
9-12

1300年以上の歴史を誇る山陰最古の温泉で、「湯かむり」という頭に手ぬぐいを乗せ、柄杓で湯をかむるという江戸時代から伝わる珍しい風習があります。中国山地から流れる清流蒲生川(がもうがわ)に沿った温泉街は、木造旅館も多く穏やかで素朴な情緒に包まれており、泉源から湧き出たお湯をそのまま浴槽に流す、源泉かけ流しの温泉です。

9-13≪ゆかむり唄≫
湯治の徒然(つれづれ)をなぐさめるため、また少しでも長く湯につかり、効能にあやかるためともいわれるこの風習。唄には「岩井八景づくし」、「芸題づくし」、「忠臣蔵づくし」など、いずれも数歌形式で長いものではなんと100番までもあると言われています。ポカポカと湯をたたきながら唄うものなので、リズミカルでユーモアたっぷりです。

■場所 岩美郡岩美町岩井
■問合せ先 岩井温泉旅館組合 電話 0857-72-1515

↑ページトップへ

6.HAPPY☆になれそうな神社を巡ってみる
9-15
9-14
【金持神社(かもちじんじゃ)】

金持と書いて「かもち」と読む、全国でここにしかない縁起の良い名前の神社です。神社のあるこの地域は昔、黄金より勝ると言われた「玉鋼」の産地で、原料の真砂鉄が採れる谷を多く所有し、鉄のことを金と読んでいた事から、金の採れる谷を多く持つ郷「金持」と呼ばれるようになったと伝えられています。現在では、開運・金運を求めて多くの参拝客が県内外より訪れます。

■住所 日野郡日野町金持
■問合せ先 観光物産館 金持神社札所(売店) 電話 0859-72-0481

9-16【富益神社(とみますじんじゃ)】

蔓延元年に勧請、創建。明治20年に現在の市道建設により境内地が東西に二分され、今も市道の左右に鳥居が立つという珍しい形態の神社で、富貴が益すというありがたい名前の神社から、ご利益を求めて参拝される方が多いです。

■住所 米子市富益町936
■問合せ先 富益神社 電話 0859-28-6216、米子市観光協会 電話0859-37-2311

↑ページトップへ

7.らっきょうの花が見頃を迎えます♪

9-17らっきょうの旬は、5月下旬~6月上旬ですが、らっきょうの花は10月下旬~11月上旬に見頃を迎えます。小さな紫の花をつけたらっきょうの花が畑一面に咲き誇ると、まるで赤紫のじゅうたんを敷いたような美しさです。鳥取砂丘オアシス広場周辺と、東伯郡北栄町北条砂丘周辺で見ることができます。

■問合せ先 鳥取市福部町総合支所 電話 0857-75-2111

↑ページトップへ

8.手仕事×まち歩き
9-18【トリベル ~DISCOVER TOTTORI~】

♪ トリベルとは…鳥取県内の街歩きイベントです ♪

トリベルマップで紹介する協力店(名称:とまり木店)に出かけて行き、プレゼント応募のスタンプと「トットリおすすメモ」をもらい、各店主がセレクトするおすすめ情報や体験をする事で、自分だけのディープな情報の詰まった地図を作りませんか。

■開催日時 9月27日(土)〜11月3日(月・祝)
■問合せ先 トリベルプロジェクト実行委員会事務局 電話 0857-26-7421

 

9-19【倉吉絣でまち歩き】

鮮やかな藍色の倉吉絣を着て、赤瓦・白壁土蔵群をゆったりまち歩きしてみませんか。

■料金・コース ※2人以上で要予約。
 半日プラン 3,500円(倉吉絣の貸出・着付・髪セット・まちあるきガイド等)
 1日プラン 4,500円(半日プランの内容+3種類の中から選べるランチ)
■問合せ先 (株)赤瓦 まちなかスローライフ事業部 電話 0858‐23-6666

↑ページトップへ

9.速報!!東京に鳥取県・岡山県共同のアンテナショップOPEN!!

9-20鳥取県と岡山県が共同で設置するアンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」がオープンします。両県の名産品を多数取り揃えた物産店舗、また両県のおいしい食材をふんだんに使用した料理も味わえる飲食店舗があるほか、観光案内、移住相談もできる窓口も設置しており、まるごと鳥取、岡山が体感できる多機能型施設となっています。お近くにお寄りの際は、ぜひご来店ください!「おもてなし」の心ならぬ「もも(桃)てなし(梨)」の心で皆様をお待ちしております。

■オープン日時 9月28日(日)午前10時
■場所 東京都港区新橋1-11-7 新橋センタープレイス1、2階
■問合せ先 鳥取県東京本部 電話 03-5212-9077
■ホームページ とっとり・おかやま新橋館

 

↑ページトップへ

10.旅行に便利な☆二次交通
【ラクらく!倉吉⇔米子鬼太郎空港間 高速バス】

9-217月25日から倉吉駅、米子駅、米子鬼太郎空港の3か所を結ぶ路線バスが毎日2往復運行しています。(※予約不要)

■料金
 倉吉駅・米子空港間 大人1,500円(750円)、倉吉駅・米子駅間 大人1,000円(500円)、米子駅・米子空港間 大人590円(300円)
※( )は小人及び身体障がい者料金です。
■運行時間
 倉吉駅発6:05、12:30-米子駅発7:10、13:35-米子空港着7:35、14:00
 米子空港発8:40、15:00-米子駅発9:05、15:25-倉吉駅着10:10、16:30
■問合せ先 日ノ丸自動車株式会社 電話 0858-26-4111

【注目☆電気自動車「超小型モビリティ」】

9-22(1)八頭郡智頭町

町内を点在する観光地を結ぶ、新たな移動手段として、このたび超小型モビリティの2人乗り車両を導入!

 ≪運行記念式典≫ ■日時 9月5日(金)午前10時から(予定) ■場所 新田清流の里前広場

■運行エリア 智頭町内(走行は智頭町内のみ) ■問合せ先 智頭町企画課 電話 0858-75-4112
※車の外装はイメージです。実際のものと異なります。

9-23(2)国民宿舎 山紫苑(さんしえん) <鳥取市鹿野町>

山紫苑にご宿泊のお客様及び昼食等をご利用のお客様限定で、超小型モビリティ1人乗りを無料レンタル中です!鹿野の街並をゆっくりドライブしてみてください。秋には2人乗りを2台追加予定です。昼食プランの中には、平日限定女子会プラン☆など食事や温泉、カラオケなどが楽しめるプランもあります。

■問合せ先 国民宿舎山紫苑 電話 0857-84-2211

↑ページトップへ

毎月発信しているメールマガジン「とっとり観光ニュース」。県外では入手困難な地元の新鮮な情報を提供します。旅行代理店・マスコミ向けの内容ですが、一般の方にもお楽しみいただけます。登録は下記のリンク先でメールアドレスを入力し、登録ボタンをクリックしてください。