【年末年始】おしどりの住むまち 日野町を訪ねて

(日野町・日南町)一年の締めくくりにおすすめするとっておきの場所「日野町」の魅力を一挙公開!

おしどりが住むまち日野町を訪ねて

明智峠そば打ち体験金持神社オシドリ観察福栄神社

タイトル
明智峠

明智峠(あけちとうげ)

隠岐の島へ配流された後醍醐天皇が通られたと伝えられる峠、明地峠。ひんやりとした風が心地よい早朝、まず私たちはここを訪れました。国道180号線沿い、岡山県との県境にある標高650mの展望台からの景色は、圧巻!写真中央は、うっすら雪化粧した秀峰大山です。
ここは天気の良い早朝に雲海が見られることで知られています。この雲海がまさしく神秘的!県内外から、一目見ようと多くの方が訪れています。

雲海

明智峠明智峠

この日は残念ながら雲海は見られませんでしたが、素晴らしい景色と澄んだ空気に出会え、今日も楽しい一日になりそうな予感♪

展望台には桜の木があり、春になるとピンクに染まった桜と雄大な大山のコントラストもきっときれいだろうな。春になったらまた来よう。

タイトル

そば道場 たたらや

続いて向かったのは、江戸時代から出雲街道の宿場町として栄えた
日野町根雨(ねう)。根雨宿は、大名が泊まった本陣の門や、昭和初期の洋風銀行など、その当時の面影を今も濃く残しています。
日野町産そばを自家製粉し、そばを打つ「たたらや」。ご主人、安達さんの指導のもと、いざ!そば打ち初体験です。

日野町のそばは、豊かな自然の残る中国山地の山間部で栽培され、10月下旬~11月にかけて収穫されます。その収穫したてのそばで打つ「新そば」は、ひときわ香りが際立ちます。
そば粉100%と水で打った十割そばががおいしいと言われがちですが、そば粉100%だと切れやすいので、初心者には、小麦粉をつなぎとした二八そばがオススメだとのこと。
最後に、水。そばは多くの水を含むので、地元で栽培したそばを使うならやはり、地元の水を使うのが一番。名水の地に銘そばあり!

そば打ち体験

そば打ち体験そば打ち体験そば打ち体験そば打ち体験
そば粉と小麦粉をしっかり混ぜ合わせ、水を加えながら混ぜていく。水の量は、気温や湿度、粉の状態によっても微妙に違ってくるので、慎重に!粉に水分が十分回ると、自然とまとまり、固まりになってくる。そば玉が出来上がったら、玉に体重をかけ、練っていく。ここでしっかり玉の中の空気を抜くこと。打ち粉を振り、生地をのばす。急激にのばすと周辺部がひび割れる。生地が薄くなったら、力を入れすぎると破れたり、変形するので、慎重に!一枚になったそばを八つ折りにしてたたむ。切る前に打ち粉をたっぷりかけて、表面を平らにし、包丁は板に沿って、まっすぐ落とす。
たたらや

たたらやたたらや
体験後、店内で自分の打ったそばをいただきました!そばは、打ち立てに食べるのが一番香りがよいそうです。そば打ちは大変だったけど、おかげでそばが出来るまでの苦労がよく分かり、そしてなにより自分で打ったそばは格別!
たまに、うどんのような太さのそばが混じってましたが・・
それも、個性!上出来!上出来!大満足です!

たたらやたたらやたたらやたたらやたたらやたたらや

今日のそば打ちの評価について、たたらやのご主人から「100点満点」をいただきました。これも、丁寧に指導してくださったおかげ。そば打ち修了証として、「日野郡産そばで打つ手打ちそば」という冊子を頂きました。そば打ちのポイントを押さえたこの冊子があれば、家でも自家製そばが食べられるかも!?
残りのそばはお土産に。家族に自慢しよう!

そば道場 たたらや TEL 0859-72-2261

たたらや
タイトル

金持神社金持神社金持神社(かもちじんじゃ)

全国で一か所しかない縁起のよい名前の神社、金持神社。由来は、昔、黄金より勝ると言われた「玉鋼」の産地で、原料の砂鉄が採れる谷を多く所有し、鉄のことを「かね」と読んでいたことから、金の採れる谷を多く持つ郷「金持(かもち)」と呼ばれるようになったと伝えられています。
また、隠岐を脱出された後醍醐天皇を奉じて、討幕軍に参加し、大活躍した「金持景藤」が必勝祈願した神社と伝えられています。
今回は、日野町観光協会のガイドさんに案内してもらい、お参りしてきました!

金持神社

金持神社のふもとには、神社札所があり、様々な金運グッズや鳥取県鳥「おしどり」の愛らしいグッズを販売しています。キハダという草木で染めた、開運、招福、商売繁盛を祈願した黄色いハンカチは、地元の方の思いも詰まった人気商品。宝くじをこれに包んでおくと、高額当選も夢ではないとか!?
さらに、一万円札などの古紙幣をすき込んだ金持扇子も大人気。暑さを払い、金運を呼び寄せます。お土産にいかかですか?
金持神社 TEL 0859-72-0481

開運アイテムおしどりグッズ

↑ページトップへ

タイトル

オシドリオシドリ

オシドリ観察小屋

鳥取県の県鳥に指定されている「オシドリ」。秋~春先にかけて、多い時には約1,000羽もの姿をオシドリ小屋から観察することができます。
オシドリは、大変警戒心が強いので、小屋の中に設置された双眼鏡から、そっと覗きます。

わぁ!いたいた!たくさんのオシドリが寄り添うように、日野川を泳いでいます。艶やかな着物をまとったオスと寄り添うメス。仲睦まじい様子は、まさにオシドリ夫婦。心がほっこり癒されました。

オシドリ観察が出来るのは、11~3月まで。夜明け前~8時頃、夕方4時~日暮れまでが近くでオシドリが見られるおすすめの時間帯です。
オシドリはどんぐりが大好物!他には、古米、古豆、くず米などを食べます。県内外から餌を送ってくださる方がいらっしゃったり、オシドリグループの方々の朝夕の餌まきなど、たくさんの方々の協力によってオシドリは日野川で元気よく暮らしています。
◎オシドリグループ事務局HP

オシドリオシドリ

オシドリ

↑ページトップへ

タイトル
石霞渓

石霞渓(せっかけい)

車を走らせること約20分。押し迫るようにせり出た岩肌が見えてきました。ダイナミックな自然美に包まれる奥日野の一角にあるここ石霞渓は、奇岩や怪岩が目を引く男性的な「南石霞渓」と、ゆるやかで女性的な「北石霞渓」の二つ顔を見ることができます。春の桜や藤、秋の紅葉の名所として有名です。

石霞渓石霞渓

井上靖記念館井上靖記念館井上靖記念館「野分の館」

日南町神福は、「猟銃」、「天平の甍」などの代表作で知られる小説家 井上靖ゆかりの地。昭和20年に家族をこの地に疎開させ、自らもしばしば訪れていました。
文学碑と歌碑をはじめ、記念館には多くの原稿や著書を展示しています。

◎お問い合せ先/日南町役場
TEL 0859-82-1111

タイトル

福栄神社(ふくさかえじんじゃ)

金持神社に続き、大ブレイクの予感の開運スポット、福栄神社。福が栄えるという縁起の良い名前にあやかろうと多くの人が参拝に訪れています。来年も素敵な一年が過ごせますように!

福栄神社福栄神社

福栄神社

ピンク色は「幸運を呼ぶ色」。
福栄地区で採れる天然染料「ガマズミ」という赤い実で染め上げたこの招福袋。
地元の方の手によって一つずつ手作りし、宮司により開運祈願しています。
町の花であるサクラソウをイメージした淡いピンク色が幸せを運んでくれそうです。 

招福袋
福栄まちづくり協議会 TEL 0859-83-0454

福栄神社福栄神社
福栄神社福栄神社

↑ページトップへ

タイトル
きねつき餅大夢多夢大夢多夢のきねつき餅

日野町の女性達が運営する農産物加工所「大夢多夢(たむたむ)」。ここのきねつき餅は、栽培が難しいと言われている幻の餅米「鈴原糯(すずはらもちごめ)」を使用したコシと粘りが特徴です。白もちのほかに、きびもち、よもぎもちなど、種類も豊富!今年のお雑煮はこれで決まり!

◎大夢多夢(たむたむ) TEL 0859-72-1286

サワガニ料理四季ちゃんぽん四季チャンポン(左)
日野で忘れてはいけないのが、味処 四季。ここの季節の野菜をたっぷりのせたチャンポンは地元の方はもちろん遠方から通うファンも多いそう。
◎味処 四季  TEL 0859-72-1586
サワガニ料理(右)
サワガニ料理は、レストランもりで提供しています。町内にサワガニの養殖場があり、地元の食として広めようと意気込んでいます。ぜひお試しあれ!

◎レストランもり TEL 0859-72-0463 (オシドリ観察小屋すぐそば)

check

ルート (距離/車でのおおよその所要時間)

 
持ち物
カメラ、(あれば)ドングリ ※観察小屋に渡しましょう。
おサイフ
昼食

お土産

そば(体験料含む) ※三名の場合の一人分料金

大夢多夢 白丸もち
  〃   しゃぶしゃぶもち
日野産トマトジュース

金持神社黄色いハンカチ
福栄神社招福袋

2,000円

600円
400円
630円

1000円
1000円


  合計5,630円   
上野まどか

鳥取県の中でも、自然がそのまま残る日野郡。広島と岡山の県境にあり、山陽からのアクセスは便利です。
この県境の明地峠は、初めて訪ねた場所でしたが、目の前に広がる景色にただただ感動しました。春の桜、夏の新緑、秋の紅葉、冬の雪景色、一年を通してきっと目を楽しませてくれることでしょう。
そして、オシドリが飛来する日野町では、可愛らしいオシドリが仲睦まじく寄り添う姿を見ることができて、とても癒され幸せな気持ちになりました。
年末年始にオススメなのは、やはり開運神社巡り。名前からも分かるとおり、金持(かもち)神社に、福栄(ふくさかえ)神社と縁起の良い名前の神社が二つもあります、金運、開運、招福を願ってお参りしてみてはいかがでしょう!
のどかな田園風景や古い町並みが残る日野郡。是非、足を運んで新たな魅力を発見してみてくださいね!


とっとり観光親善大使 上野 まどか  

↑ページトップへ

明地峠 >map 
↓12km/20分 
そば道場 たたらや >map 
↓3km/8分 
金持神社 >map 
↓21km/40分 
石霞渓 >map 
↓7km/15分 
井上靖記念館 >map 
↓2.5km/13分 
福栄神社 >map